どうしても家事が好きになれないあなたへ

 

 

 

今回は家事が嫌いだーと言うあなたに克服法などをお知らせしたいと思います‼︎

 

 

これを読んでいるあなたは、家事が好きですか⁇

 

 

家事がお好きなら、このブログをそっと閉じてください^^;

 

 

実は、かく言う私、家事があんまり得意ではないんです^^;

 

 

いつも、

『あー、誰か、ご飯作ってくれないかなぁ』とか、

『掃除するの、面倒くさいなぁ』と思ってしまいます。

 

 

なので、あなたが家事が苦手とか億劫だというお気持ちはよーーくわかります。

 

 

さっと手際よく、家事が出来る人になりたいですよね。

 

 

私も、苦手な家事を何とか克服しようと、色々な本を読んだり、情報を集めたりしました。

 

 

そして、ようやく自分なりの克服法を見つけられたところです。

 

 

家事が苦手なあなたにも、きっと取り掛かることが出来るポイントがあると思いますので、参考にしてみてくださいね‼︎

 

 

それでは、どんな時に家事が苦手だなあと感じるのか、考えてみましょうか‼︎

 

 

 

 

 

家事が嫌い‼︎と思う時の3パターン

 

 

 

①単純に疲れている時…

 

 

やはり、疲れていたら休むのが一番です。
疲れているのに無理に取り掛かっても効率は悪いし、益々、家事が嫌いになりますよね^^;
『今日くらいは手抜きでいいか』
と、割り切って、見えるところだけ片付けるとか、出来合いのお惣菜で済ますとか、体を休ませてあげましょう。

 

 

②自分ばっかり、と思ってしまう時…

 

 

家族が手伝ってくれない‼と、頭に来ているパターンですね。
これもよく聞く話しです。
疲れて帰って来たのに、流しが食器で一杯、洗濯物も山盛り…
なのに、
『ご飯まだ⁇』
なんて、言われた日には、全てひっくり返したくなる気持ちはよーくわかります。
でと、家族が非協力的だとしても、あなたに文句を言われる訳ではないでしょう⁇
だとすれば、あなたがまずまずで良ければいいんです。
自分に厳しくし過ぎるのは、今からやめましょう‼
それに、そもそも、あなたがそうやって今まで先回りして全てをやって来てしまったことにも若干の責任はあるのですよ^^;
これからは、家族を巻き込んで家事を手伝わせる方法も考えてみましょう。

 

 

③やらねばならない、と義務感が生じる時…

 

 

完璧主義の人が陥りがちなパターンですね。
私も、出来ないのがわかっているくせに、変に完璧主義なところがありまして…
これって疲れますよね。
でも、誰かに言われた訳じゃないですよね⁇
勝手に自分にプレッシャーをかけてるだけなんですよ。
人間は、完璧には出来ないものなので、すっぱり諦めてしまいましょう‼
完璧にやろうとしたら、何時間あっても家事が終わりませんよ^^;

 

 

 

ま    と    め

 

 

 

 

 

家事を嫌だと感じている人が行ってほしい7つの意識改革術

 

 

①完璧主義は捨てよう!

 

どんなことでも、一番の問題になるのはこれ、完璧主義です。
完璧に家事をこなさなくても生きて行けます‼

 

②手抜きしてもいい!

 

完璧主義と似ていますが、こちらも大事な考え方で、手抜きは悪いことではありません。
たまにはのんびりしたっていいじゃないですか⁇

 

 

③慣れれば大丈夫!

 

初めから上手く出来る人はいません。
やって行くうちに段々と手早く出来るようになるものです。

 

 

④好きな時間に取り掛かろう!

 

出来るだけ時間を決めずに気分が乗った時だけ家事をするようにしましょう。
近所迷惑な時間帯にバタバタするのは良くありませんが、別に人に迷惑をかけないなら、好きな時間に取り掛かってもいいではないですか⁇

 

 

⑤時間を決めて取り組もう!

 

◉1日10分だけ掃除をする。

◉今日は洗面所、明日はトイレ、などと一度にやらない。

◉または、まとめてやってしまう。

 

など、あなたの自由に決めることです。

 

 

⑥流れを作ろう!

 

やることのリストアップをするのも結構有効です。
思考を使わずに、ルーティンでやることを決めることも慣れれば、体が勝手に動くようになるものです。

 

 

⑦お気に入りのものを揃えてみよう!

 

お気に入りの道具を揃えてみるのも家事を楽しむ要素の1つだと思います。
キレイな色の掃除道具や、可愛いキャラクターのグッズがあると、少しは家事が楽しめるようになるのではないでしょうか⁇

 

 

 

 

如何でしょうか⁇

 

家事嫌いの人の意識改革術、参考になったでしょうか⁇

 

結構、たくさんの意識を変える術があることに気付かれたのではないでしょうか⁇

 

人間は論理的な生き物ですから、捉え方一つで対象に対する感情や、行動を変える事が可能になるものです。

 

家事が「嫌いだ」「嫌だ」と言うだけではなく、今回、説明した意識改革術を使うことで抵抗感をなくす事もできますし、逆に好きになることさえも可能になるのです。

 

是非、家事に苦手意識を持っている方は今日からこの意識改革術を試してみてくださいね。

 

毎日やらねばならない家事が好きになれば、人生は何倍も楽しくなりますよ^^

 

 

 

【この記事の執筆者】ライスワークアドバイザー さとう とき
3年前に自分の一番の理解者と感じていた、大切な夫を自死で喪ったことから、自分を知ること、人を知ることの必要性を感じ、心のことを学び始める。
併せて、自身の経験から、遺された遺族が少しでも経済的に負担が少なくなることを見つけたいと言う想いから、ライスワークアドバイザーとして活動を始める。
また、自死遺族の為のお茶会なども不定期に開催している。