「今が、一番可愛いときね」と周りは言うけれど・・・

子どものわがままに振り回されて、毎日、イライラしてしまっていませんか??

はじめまして。

現在、4歳の男子育児の真っ最中、キャリア・セラピスト Aiです。

 

 

小さいお子さんを育てられている方なら、

「魔の2歳児、悪魔の3歳児」という言葉をどこかで目にしたことが

あるかもしれませんね。

 

私もこの言葉を心の支えに、イヤイヤ期を乗り越えてきました。

そして、幼稚園にも入園したし、4歳になるし、

「きっと、これからは子育ても楽になるはず!!」そう思っていました。

 

たしかに、幼稚園に入園してから、自由に使える時間は増えましたし、

息子の成長も、とても感じます。

でも、2歳、3歳のときに比べて、子育てが楽になったかと言われると・・・。

 

4歳になっても、子どものわがままって、なくなるわけじゃないんですよね。

むしろ、年齢が上がるにつれ、誤魔化しがきかなくなって、

頭を悩ませている方も多いんじゃないでしょうか?

 

《子どものわがままに、イライラして、怒ってしまって、反省、そして自己嫌悪。》

この流れ、「子育てあるある」だと思います。

 

私自身、今も試行錯誤の日々ですが、それでも、

「子どものわがまま」→「イライラ」という、この流れを抜け出し、

以前より、息子のわがままに寛容になれた。

今日は、そんな、秘訣をお教えしたいと思います。

スポンサードリンク



1.「なぜ子供が、わがままを言うのか?」を知る

 

まず、最初に知っておいていただきたいのは、

小さい子どものわがまま=「あるがまま」に限りなく近いということです。

大人のわがままと違って、子どものわがままは、

その瞬間の、その子の感情そのものであることが多いように思います。

 

誰かを従わせてやろうとか、ましてや大好きなパパやママを困らせて

不幸にしたいなんて思っているはずもなく。

だけど、抑えられない感情・欲求が、そこにある、ということです。

 

では、その抑えられない理由は、なんなのでしょうか?

 

それは、脳の発達に起因しています。

脳の前頭前野とよばれる、抑制機能を担う領域が未発達であるということ。

この前頭前野は3歳を過ぎたあたりから発達しはじめ、

20歳ごろまで成長し続けて、 完成をむかえるそうです。

 

そう考えると、2歳3歳の子が、感情や欲求を抑えることができないのは当たり前。

4歳にもなると、言うことも一人前になってきて、つい急に大きくなったような 気がしますが、

脳の抑制機能の発達という意味では、まだまだ、赤ちゃんのようなものなのです。

小学生、中学生ですら、その抑制機能は完成していないのです。

 

私は、このことを知ってから、息子のわがままに少し寛容になれましたし、

大泣きしながら、自分の主張を通そうとする息子が、可愛く見えるようになりました。

今、一生懸命、成長してるんだなって、そう思えるんです。

(もちろん、余裕があるときは、ですが。)

 

大人である私たちは、たくさんの感情や欲求を理性で抑えながら、

誤魔化しながら生きています。

あー、それに比べて、この子は、嬉しいときは、そのまま嬉しいし、

嫌なことは、そのまま嫌だし、やりたいときは、今すぐやりたい。

 

それをまっすぐに表現することができているんだなって。

そんな風に思えるようになると、 ちょっとやそっとの「わがまま」は、

可愛いものに見えてきます。

 

2.「太陽」になってみる

 

さて、あなたは、イソップ寓話の「北風と太陽」をご存知でしょうか?

北風と太陽、どちらが旅人の上着を脱がせることができるか勝負をします。

力いっぱい上着を吹き飛ばそうとした北風。

すると、脱がせるどころか、旅人はしっかりと上着を押さえてしまいます。

しかし、燦燦と照り付ける太陽のもとでは、旅人は暑さのあまり自ら上着を脱いでしまった、

というお話です。

 

なぜ、急にこんなお話をしたかというと、

実は、以前、息子が愚図っているときに、これと同じようなことがあったんです。

 

息子が、何を提案しても「イヤ!」、癇癪を起して手もつけられなかったとき、

だんだん余裕がなくなって、怒ってしまう。そして、火に油を注いで、さらに大炎上。

そんな、いつもの北風パターンに気づいていた私は、あえて、そのパターンを

変えてみました。

 

何をしたかというと・・・

ぎゃんぎゃん泣きながら、自分の主張を繰り返す息子を見つめて、

「大好き」って、ただ一言、言ってみたんです。

そしたら、それまで、大泣きしていた息子が驚いた顔をして、

ピタっと泣きやんだのです。

 

息子からしてみれば、予想外の展開だったのでしょう。

そこからは、抱きしめて、「大好き」って伝えて、頭をなでて。

そうしているうちに、ご機嫌な息子に戻ってしまったのです。

 

子どものわがままには、真っ向勝負を避けて、パターンを変えてみる。

自分に余裕がなくなってしまう前に、いつもの、あなたならしない行動、愛情表現を

ぜひ、試してみてください。

 

3.とりあえず、抱きしめる

 

先ほどの話で、泣き叫ぶ息子に、私が「大好き」という言葉を発したとき、

その時点で、そんな愛しい気持ちが私の中に、あふれていたか?

と問われると、実は、そこまでの余裕はなかったように思います。

 

「大好きだから、抱きしめる。」

それが自然な流れなのかもしれませんが、気持ちにそこまでの余裕がないときでも、

とりあえず、お子さんを抱きしめてみてください。

怒鳴ってしまう前に。

 

「抱きしめるから、愛しくなる。」

そんなことが起こります。

それは、抱きしめることで、愛情ホルモン・幸せホルモンとも言われる

「オキシトシン」というホルモンが分泌されるから なんです。

ストレスを緩和して、幸せな気分をもたらしてくれる「オキシトシン」

素敵なホルモンですよね。

 

最近では、幼稚園に行く前、不安になったとき、 エネルギーチャージをしたいとき

息子の方から、「ママ、ぎゅ~しよう」と 言ってくれるようになりました。

 

仕事に、家事に、育児にと時間に追われて、頑張る中で、

スキンシップよりも怒ってしまう時間が、つい、増えてしまいがちですよね。

そんなときは、理由なんかなくても、

ぜひ、意識して、お子さんを抱きしめる時間を作ってみてください。

 

4.まとめ


【「子どものわがまま」のイライラを軽減する”3つの秘訣”】

①「子どもの脳の抑制機能は、まだまだ成長途中。我慢できなくて当たり前。」と知る。

② いつもとは違う、意外性のある行動・愛情表現をしてみる。

③ とにかく、理由がなくても、抱きしめる。


 

いつも頑張っているあなたの心が、少しでも楽になるように。

大切なお子さんとの時間が、楽しさと笑顔で溢れたものになるように。

この記事が、お役に立てたら嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事の執筆者

キャリア・セラピスト Ai
キャリア・セラピスト Ai
キャリアカウンセリングを学び、国立大学での就職支援、 大手企業での人事教育の仕事を経験。その後、心・精神への興味から、カラーセラピーやヒーリングを学ぶ。
仕事だけでなく、子育てや趣味など「生き方」そのものが「キャリア」であると位置づけ、『より自分らしく、楽しく生きる人』を増やすため活動中。4歳の男の子のママでもある。