この記事は、心理カウンセラーの花がお届けしてまいります。

1. ストレスとは?

家事に対するストレスは、人それぞれですね。
洗濯は、好きだけど…茶碗洗いは嫌。
掃除は、得意だけと…お料理は苦手。
あなたは、どんな作業にストレスを感じていますか?


そもそも、ストレスって何でしょう?
ストレスとは、緊張状態にあること(ストレッサー)によって、身体的な反応を示すことを言います。


ストレスと聞くと漠然と「悪いもの」というイメージがあるかと思いますが、例えばジェットコースターに乗ると緊張・恐怖などが発生し、その結果人間の体に生理的変化が起こるのです。
つまり、ジェットコースターがストレッサー(影響を及ぼすもの)で、それによって感じる緊張感や恐怖感から受ける体の反応がストレスです。
ジェットコースターから降りれば、直ぐに収束するので、病気になることはありません。
むしろ解放感や快楽を引き起こす場合もあるのです。
ストレスには実は、楽しいことなどプラスの感情からもある反応なのです。


私たちの身体にはストレッサーの影響を受けてストレスが生じて、元の正常な状態に戻そうとするホメオスタシス(体内恒常性)が備わっています。
問題は、ストレスが続くことで恒常性が維持できなくなっていることです。
その時、起こったときの体のサインを見逃していまうことで悪循環を招くのですね。


胃が痛い。
めまいがする。
疲労感が続く。


など、体の不調は、恒常性が維持できなくなっているサインです。
普段と違った体のサインをキャッチすることが大事です。
病は気から気になることがあれば、それは何かのサイン!!


キャッチした症状によって、ゆっくりする時間を作る。
お風呂でリラックスする。
睡眠を取る。
など対処をすることで、体を元の状態に戻すことを意識しましょう。
あたなが健やかであることが一番大事です。
常にいつもの自分に戻ることで、やる気などの気持ちの維持に繋げてください。

2. 無意識の否定を見てみる。


どんなことも、リラックスしてできることができれば、ストレッサーが減りそれに伴ってストレスも軽減できると思います。
頭で分かっていても、バタバタ時間に追われたり、失敗してしまったり、無意識にイライラしてしまうことが殆どです。


では、どうやって心の穏やかさを保てるのか?
ここを考えてみました。


あなたにとって穏やかさとは?
ゆっくりすること=穏やか。
イライラしたいないこと=穏やか。


言葉の捉え方は、それぞれです。
あなたのイメージする穏やかな自分。
その状態をイメージしてみてください。





笑っている自分かもしれません。
鼻歌を歌ってる自分かもしれません。



その思い描いた自分のイメージを感じてみてください。
その感情で、家事をすることができたら、どんなに素晴らしいでしょう。


そんなの無理。
と、思われた方。あなたがなりたい自分を否定してしまったら…。
一生そこへは、近づけません。


なぜ無理と思うのか?
そこに隠れている本音を見てあげてください。


例えば。

なぜ無理と思う?

どうせ私には無理。

なぜ?どうせ私には無理と思う?

要領悪いし

どうして要領悪いことがダメ?

時間掛かるし

どうして時間掛かることがだめ?

どんくさいと思われるから

誰かがどんくさいと言ったの?

いいえ

自分で自分をどんくさいと決めつけて
評価しているのですね。

そうかもしれない。

自分で自分の評価を下げて
ダメな自分を作り出しているのですね。


そんな風に自分の本心を掘り下げていくと…
無意識に自分のことを過小に評価していることがあります。
カウンセリングをさせて頂いていると、とても良く分かるのですが
捉え方を自分流に捻じ曲げて、自分自信を苦しめている方が本当に多いということです。


それも自分が勝手に決めつけているのですね。
これは、勿体無いです。
ただでさえ、お給料など目に見えた対価が変わりにくい家事。
自分の日々のがんばりは、1番自分が知っていることです。
沢山評価して、自分に対する、ありがとうという気持ちを向けてあげましょう。


笑ってる自分を想像できますか?
鼻歌を歌っている自分を想像できますか?



人は想像できることしか実現できないのです。


たくさん穏やかな自分の表情や状態をイメージして、家事に対する気持ちを切り替えて行きましょう。


スポンサードリンク

3. 工夫をすることに意識を向ける。


それぞれの作業別に記事を書いてみました。
是非!気になった記事があれば参考にしてみてくださいね。
少しでも、家事に対する負担を軽減することで、あなたの健やかさが家族の健やかに繋がりますように。


★日々の家事でイライラする方必見。イライラ解消の3つのポイント。

★バタバタ家事を工夫してママの心にゆとりを~お料理編。

★バタバタ家事を工夫してママの心にゆとりを~お掃除編

★バタバタ家事を工夫してママの心にゆとりを~食器洗い編

家事からのストレスサインをキャッチし心も体も健やかに~ まとめ


1. 正しくストレスを理解し、体のサインをキャッチしよう。

2. 無意識の否定を見てみることで、歪んだ捉え方に気づきましょう。

3. 家事の負担を軽減するための工夫に意識を向けましょう。

この記事の執筆者

花

〔心理カウンセラー〕
自身の病気、父の交通事故による死。
3年間の不妊治療経験から、心の大切さを感じてきた。
誰もが持っている悩み。そこにそっと手を添えて行きたいと深く思い。
心理学の道へ進み、現在、心理カウンセラーとして活動中。

世代の垣根を超え、おばあちゃんから知恵をもらったり
「マヨネーズ貸して~」そんな風に、お隣さんへ頼れるような心の繋がりを感じて行きたい。
そして、気軽に悩みを話せる大っきい家族みたいな、コミュニティーを作ることが夢である。