引き寄せの法則をしていた時に望みをまずはっきりさせるというのが一番大切だということが書いてありました。

当たり前ですが、何を引き寄せたいのかがはっきりしていなければ何も引き寄せられないですよね?

あなたは、何を引き寄せたいのか明確に書いてありますか?

1.引き寄せたいことを紙に書く

引き寄せたいことを紙に書いておかないと、引き寄せても忘れちゃいます。

 

タロット占いを勉強し始めた時に、必ず質問は紙に書くことと学びました。なぜか?紙に書かないと頭の中で都合の良いように質問を捻じ曲げてしまうから。

 

出てきたカードを解釈するのにしやすいように、質問を変えてしまう。なので必ず紙に書く!

 

人と話していても感じることがありますが、悩みがどんどん動いていき最初に聞いていた悩みからかけ離れていくことがあります。本当の悩みを隠してしまいたいのが本能だからです。本当の悩みではなくてダミーの悩みに振り回されることがたくさんあります。

 

あちこちへと動いていく悩みや問題に振り回されないためにも願いは「紙に書く」。

 

しっかりと自分の願いを書いておきましょう。

 

カーナビを使う時には、目的地をセットしますよね?この目的地設定が紙に書くことです。

 

目標を書くという調査をアメリカでしたところ。

・目標や計画を紙に書いているアメリカ人          3%
・人生の目標について考えを持っているアメリカ人      10%
・お金に関する目標しかないアメリカ人           60%
・目標が無く、将来のこともほとんど考えていないアメリカ人 27%

そして、こんな調査結果が一緒に出されています。

・かなり成功を収めている人         3%
・まぁまぁ順調な人生を送っている人     10%
・いわゆる「つましい生活」を送っている人  60%
・公的支援などを受けて何とか生活している人 27%

というような調査結果があります。紙に目標を書いているのかどうか?どのように書くのか。で人生の質も変わってくる可能性がありそうです。

 

あなたが引き寄せたいことを紙に書くことで引き寄せたこともわかりやすくなりますね。

2.引き寄せたことに感謝をしているのか?

私は、欲しい物を100個書くというワークをしたことがあります。欲しい物を100個も書こうとするとそんなに出てこない事に気が付きます。そして何となく欲しいなと思うことや今あるものが無くなったら困るなというそれがあり続けて欲しいという願いも出てきます。

最初はグッチの財布が欲しい。一軒家が欲しい。車が欲しい。という物欲が出てきます。そしてもう欲しい物が無いとなった時に、今あるけど失いたくない物も出てきます。健康でいたい。家族仲良くいられる。などといった状態もでてきます。

 

引き寄せたい物や引き寄せ続けておきたい物たちを書いています。

 

引き寄せの効果が無いと思っていた時というのは、叶っていない物ばかり見ていました。100個も書くとすでに叶っていることや、すぐに叶うこともあります。

 

欲しいけど買わないでいるだけの物。とかもありますし、すぐに手に入る物もあります。

 

すぐに手に入る物と言うのは、飲みたいなって思って買ったお茶だとか、甘いもの欲しいなと思っていたらもらったクッキーだとか。普段意識していないようなことです。

 

100個紙に書いて、その日のうちに手に入れているものが何個かある。それにも関わらずそういうのって引き寄せじゃないよね?と思っている私がいる。

 

なぜならば、私の引き寄せの定義は「私が自分の力で得られない物を引き寄せる」だからです。

 

なんだよそれ!これに関しては、次の章にしましょう。

 

まずは、欲しいと思ったものを手に入れているということに気が付きたい。先ほども書きましたが、タロットカードをひく前に質問を紙に書くのは質問を入れ替えてしまうことがあるから。これと同じで欲しい物を書いておかないと欲しかったことを忘れてしまうからです

 

脳と言うのは満足していることよりも満足していないことに目が行きます。

 

どういうことか?

 

私は接骨院で働いていたことがあるのですが、接骨院で働いているとあちこち痛い人が来ます。

 

膝が痛いと言って通っていて、こうすると痛いと最初は痛みがあるので訴えやすい。少し調整して、先ほどと比べてどうですか?と聞くのですが、こうするとやっぱり痛いとさっきとは全然違う動きをしながら言うことがあります。

 

3分もたっていないのに、先ほどの痛みを忘れてしまう。先ほどと比べるためには、必ず最初に痛みを覚えておけるように痛みを覚えておいてくださいと伝えます。時には書いておかないとそんなことは言っていない!最初からずっとここで痛いと勘違いしたまま進みます。膝を曲げることもできないで、びっこひいて歩いていたのに、膝が曲がるようになり普通に歩けるようになっていても、一緒についてきた家族が全然違うと言っても、痛みがあることにしか意識がいかないので、最初からここで痛かった。何も変わっていない。ここはダメだ。となることもあります。

 

つい先ほどまであった痛みでもこうしてわからなくなるのが「脳」です

 

自分がこうなりたい、こうしたいという願いを書いておかないと願ったことすら忘れてしまうことがあります。

 

叶っていることがたくさんあるのに、そこを見ることなく「私の願いは叶わない」という叶っていない願いにばかりフォーカスしてがっかりした気持ちで過ごすことが増えていく。

これが脳の仕組みのRASですね。覚えていますか?自分が現状維持をするための情報のみを取り入れる仕組みでしたね。叶っていることが見えなくなるのもRASの仕事です。叶っていないということにフォーカスしているので、叶っていない事ばかりば目につくようになっています。

 

叶っていないということにフォーカスしないためにも、叶っているにフォーカスできるように叶ったら感謝をしよう。

 

叶って当たり前だと思っていると苦しくなります。叶ってありがたい。私は願ったものを手に入れる力がある。私は願ったものを手に入れる運を持っている。私は願ったら手に入れやすい。と自分に言い聞かせるにも、手に入ったことを自分の脳へと刻み込みたい。

 

引き寄せることは簡単であると自分の脳が認識するためにも、引き寄せは頻繁に起こっていると気が付きたいので、引き寄せたことには喜んで感謝をする。欲しい物が手に入ったと気が付くことが大切です

[ad#co-1]

3.引き寄せってどういうこと?

先ほど出てきましたが、私の引き寄せの定義が「私が自分の力で得られない物を引き寄せる」でした。

 

あなたにとっての引き寄せは何ですか?

 

これは、「どういう時に引き寄せたと感じるのか?」ということになります。

 

私は、引き寄せは自分の力では得られない物を引き寄せると思っているので、甘い物食べたいなって思っている時に誰かがクッキーをくれてもそれを引き寄せと認識できません。

 

なぜならクッキーって自分で得ようと思えば得られますよね?自分で買ったわけではなく、人がくれたけど、私の中ではたかがクッキー。でおしまいです。

 

私の「脳」はクッキーをもらったことが引き寄せにはならないので、私はここで引き寄せに成功しているにもかかわらず、引き寄せられないという認識のままになります。

 

 

私がこの時に「借金を全額返すだけのお金が欲しい」と願っていたとしましょう。借金があるから不幸だと思い込んでいるので、借金さえなくなればと思って、借金を返すだけの500万円が欲しい。

 

私が引き寄せたいのは、借金を返すための500万円。なので、ここでもしも30万円手に入ってもそれは引き寄せたことになりません。

 

自分の力では得られない物を引き寄せたにも関わらず引き寄せたと思えないのは、借金を全額返せる金額ではないから。

 

30万円くらいってなります。そして脳にはもちろん「私は引き寄せができない」というインプットが増えていきます。

 

この例からすると、30万円を引き寄せたと思えない私の引き寄せの定義は、必要な分以上の物を引き寄せないと引き寄せではないというのもあることになります。

 

何ども言いますが脳は、設定した情報のみを取り入れますから、私は引き寄せの効果が無いということばかりを集めようとして引き寄せがいかにできないのか?引き寄せの効果がないのかということを集めていきます。引き寄せた物が見えないようにするか、これが引き寄せ?ありえないと思うようにしています。

 

この状態で引き寄せができるようになると思いますか?

 

私の脳の設定では引き寄せられたら現状維持ができなくなるので、引き寄せができるような情報は私には届きません。いかに引き寄せができないのかという情報のみが届けられます。

 

願いを叶えたい、引き寄せをしたいと思うならまず引き寄せとは簡単なことだと設定していきましょう。そして引き寄せたことを認識し小さなことでも欲しい物を得たら喜び感謝することで「脳」は引き寄せが簡単だという設定に変わっていきます。

 

さらに自分の願いを叶えやすくする方法があります。

4.なぜ、引き寄せたいのか?

引き寄せたい物っていくつもありますよね。恋人だったり、子供だったり、物だったり、性格だったりいろいろなことを願っています。

 

あなたが欲しい物をいくつか書き出してください。

 

引き寄せたいって思うことや欲しい物を書きます。

 

書いたらその後ろに、なぜ?かを書いてください。

 

一軒家が欲しい。→上の人の足音が気にならない。夢だったから。一軒家の方が自由な感じがする。

などと出てきますが、もっと心の奥底を覗いてみると…。

 

一軒家に住んだら自慢できる。すごいって言ってもらえる。やっと一人前になった感じがする。などという気持ちも出てきました。

 

私が一軒家が欲しいのは、親兄弟にすごいって思ってもらいたいからだし、友達に自慢ができるからでした。一軒家に住んで、自慢したい!

 

そこを無視すると、自慢している人を見るとイラっとする(笑)この自慢したい、認められたい、すごいって思ってもらいたい。と言う気持ちに蓋をして良い理由を並べていると苦しくなる自分がいるので、そういう理由があるんだぁくらいで認めておく。そういう気持ちで欲しいって思うのもあり。と認めてしまうと。心のブロックが外れていく。

 

これのどこがブロックなの?

 

自慢することはよくないと思っていると、自慢するのは良くないから自慢できないような状態が続くようにできていく。押し殺している感情が出られないような状態が優先されてしまいます。自分の中にあるドロドロした黒い物も認めてしまうと楽に願いが叶っていく。

 

一軒家に住んで自慢したい!という気持ちを認めてしまう。

 

認めると、その先へ進める。

 

一軒家に住んで自慢すると何を感じる?

 

私は自分を肯定されて満たされた感じがする。

 

私は自分を肯定されて満たされた感じを味わいたいから、一軒家が欲しい。という見方もできる。一軒家以上に私が欲しいのは、「自分を肯定されて満たされた」感じです。一軒家はダミーで、もしも一軒家を買っても周りからすごーい!と言ってもらえなかったら満たされなくてなんだか違うって感じてしまうことがある。

 

なので、欲しい物を書き出して、なぜそれが欲しいのか?書き出す。それを得たら何を感じるのか?を書き出す。

 

何を感じるのか?私の一軒家で言うと「自分を肯定されて満たされた」感じです。この肯定されて満たされた感じってどういう時に感じるかな?

 

職場で「あなたのお陰で元気になった」などと言われた時や子供が「ママ大好き」って言ってくれた時。やることやったご褒美にとカフェでゆったりミルクティーを飲んでいる時。

 

肯定されて満たされた感じを感じられる時というのは作り出すことができる。他の人に何かを言ってもらわないと感じられないと難しいが、最後に私はやることやったご褒美にカフェでミルクティーを飲んでいる時にも感じられる。

 

「自分を肯定されて満たされた」感じを感じられるような時を増やしていくことで、私は本当に欲しかった時間と感情を手に入れている。満たされていないと持っていた気持ちを満たすことができる。

 

この時間を増やしていくと、一軒家が引き寄せられてくる。

 

なぜか?

 

私にとっての一軒家は「自分を肯定されて満たされた」の象徴だからです。

 

私は一軒家が欲しいのではなく「自分を肯定されて満たされた」気持ちが欲しい。その気持ちを感じていたら、その象徴も手に入る。ということが引き寄せの法則の本に書かれていると思います。波動を整えたら、類は友を呼ぶというのは、自分が本当に欲している感情を先取りすることでその象徴を得ることができるのではないでしょうか?

 

例えば、お金が欲しいと思っているなら、あなたは何を感じているのか?考えてみてください。あなたは欠乏感を感じている。

 

あなたにとっての「欠乏感」が「お金が欲しい」という象徴であるなら。欠乏感を強く感じ欠乏感のコップがいっぱいになるとお金が欲しいという象徴が現実化される。

 

欠乏感を感じたらすぐにそうなるのではなくて、欠乏感を感じ続けていくと現実化されていきます。ということは、私が「自分を肯定されて満たされた」感じを感じ続けていったら一軒家が手に入る。ということになりそうです。

 

コップが満たされた時に象徴が現実化される。

先ほどのワークを思いだしてみてください。あなたの欲しい物を書き出して、欲しい物を手に入れてどうしたいのか?書きました。そして手に入れたらどう感じるのか?を書いた。

 

これを逆にしてみましょう。

 

最後の気持ちが「欠乏感」を感じる。

 

なぜ欠乏感を感じるのか?(先ほどのワークでいうところの欲しい物にあたります)

 

周りから愛されているように感じないから。自分が必要とされていないと思っているから。自分の能力を認めてもらえていないから。本当はできるのにそのチャンスをもらえないから。周りが私の才能を叩き潰したから。欲し物を買えないから。やりたいことができないから。

 

どうしてそういう状態がうまれたのか? お金が無いから。

 

お金が無いからではなくて、色々な理由で「欠乏感」を感じているのですが、自分の中の設定で「お金が無い=欠乏感」が一番大きいので、「欠乏感」を感じ続けていくことで「お金が無い」という象徴を作り出している。

 

自分が何を感じると何が現実化されているのか?を知ることができると感情を自分で選んでいくことができます。

 

願いを叶えた先にあなたが心の奥底から感じたい感情が隠れています。その感情を先取りして感じていくと、今この瞬間にあなたの心が満たされていきます。

 


まとめ

・紙に書くことで、願ったことを覚えておく。
・叶ったら喜び叶っていることを認識する。
・叶えたい事の感情を先取りすることで先に自分を満たす。


感じたい感情を感じることで叶えたい事のコップを満たしていくと現実に現れてくる。

この記事の執筆者

井上千花
井上千花
潜在意識コーチ 井上 千花(ちぃ)

20代から引き寄せの法則にはまり没頭するも、なんら人生が変わることが無かった経験から、現実世界を意識すると共に、潜在意識などを1から実践。
さらに、20年以上治療家として1万人以上のセッションを通して「誰でも奇跡を起こすことができる」ことを確信する。現在ではコーチとして活動中。過去の自分のように悩む方のために心と身体のサポートに力を入れている。