お前はゾンビ

 

こんにちは、アトピー歴35年、改善を目指し始めたAです。

私は生まれたときからアトピーでした。

ですから、自分のアトピーが病気だとかそんな風に考えたことはありませんでした。

 

周りから見たら、

「血だらけで皮膚がボロボロ落ちてきてゾンビみたいで本当に気持ち悪かった」

そうです。

 

結局、そういうことを他人は本人には決して言いません。

だって他人事ですから、どうでも良いことですから…

 

しかしそういう人ほど本人には直接言わず裏でボロクソに言ってたりしますが(笑)

本当の事をしっかり言ってくれるのは大体が身内と親友だけです。

しかし、身内と親友がいくら言っても、僕は受け入れることはありませんでした。

 

僕と僕の周りの人間は距離感が近すぎましたし、私にはあるがままの自分を受け入れる強さはなく、臭い物に蓋をして、見ないふりして、見えないふりしてずっと生きてきました。

 

 

・何故今回35歳になってようやくアトピーを治療しようとし始めたのか?

疑問に思われる方も大勢いるでしょう。今回お伝えできたらなと思います。

スポンサードリンク



 

何故今になってアトピー性皮膚炎を本気で治そうとしたのか?

 

今回アトピー性皮膚炎と本気で向き合い完治させようと始めたのは…自分の力だけではありません。

 

ある経営者の方が本気で僕の事を心配してくれて、東洋医学の先生を紹介してくださり、治療を受け始め…さらにこのブログを作ってくださり、

「真剣にアトピーの治療と自分自身のこころの治療も兼ねてリアルタイムでの身体と心の変化を世界に発信していき、自分だけじゃなく、自分と同じ悩みを持った世界中の人々の助けになれるよう」と始めました。

 

大変失礼な話ですが…最初は自分でも半信半疑なところがあり、

本当は…「アトピーと自分自身を今更変えることなんてできないんじゃないか?」

心の中では思っていました。

 

しかしもう人生も折り返し地点。子供もとっくにいてもいいくらいの歳なのに…

生まれたときからの問題を未だに先送りにして、何も考えずに生きており、楽な方、楽な方を選んで生きて、身体も心もゾンビのような状態で自暴自棄に生きてきた。

 

 

このまま人生を終わりたくない…        

 

これが本当の想いだった・・・そう気づけたんです。

笑われるかもしれませんけど・・・

実際に笑われましたけど・・・でも本当の気持ちです。

 

苦しくて辛いだけの人生の中でも…せめてその中で楽しく生きたい。

そう思い、アトピー性皮膚炎と自分を変えるためにブログを書き始めました。

 

このブログを始めて一ヶ月…本当に苦しい一ヶ月でした…

 

特に今まで自分の頭で考えて生きていなかった自分にとっては…文章を一から考えるというのはとてつもない苦痛です。

 

苦しかった…一つの文章を打ち込むのに十何時間も掛かった事もありました。

 

そして今まで現実世界を生きてこなかった自分に取って出来ない自分と醜い自分を認めるという行為は、言葉に出来ないくらい辛いことでした。

 

現実を生きるというのは今まで現実を(アトピー君を)見てこなかった僕にとっては地上に打ち上げられた魚のように辛い。

人生の3分の2は妄想世界で生きておりましたので。

しかし今回初めて地上(現実世界)での問題を取り組み、アトピー君を解放してあげたいと思っています。

 

 

アトピーを治し、自分も治す

自分の身体、周りの世界を少しづつ良くしていく

 

 

【心と身体の状態メモ】

僕の心の状態は標準を50%とすると、少し安定してきました40%です(*^^*)

食事制限することにより、身体も心も少しづつ楽になり始めました。

アトピー君の完治状況は30%くらいでしょうか。

砂糖を絶って、一週間…急激な耐えられない痒みは出ていませんが、アトピー君はまだまだ健在です(T-T)

 

【現在の心の状態】

心→心40%(T_T)

砂糖断ちと食事制限した結果、意外なんですが…心にも影響があり少し安定してきました。

 

【現在のアトピー君の完治状況】

アトピー君の完治状況→完治35%。

アトピー君はまだ結構でていますが…砂糖の食べ物を一切絶ったせいか、肌のカサカサが無くなってきて肌が滑らかになってきました。(普通の方と比べたら・・・ですが・・・)

 

メインの食事を一食にして空腹状態を長くし、身体のパフォーマンスと回復力を底上げました。

 

米も一日約一食にし、糖質をかなり制限いたしました。

 

しかし、今まで食べた糖類がまだ多く身体に残っているのか、収まってきたとはいえまだ痒みは結構残っています。

恐らくデトックスでしょう・・・

 

砂糖断ちを始めてまだ一週間。

最低一年は続けないといけないと思っています。

いきなりは出来ない。

ひとつひとつ階段を上っていくのが一番真っ当な道。

 

最後まで読んで下さって有難うございます(^^)