アトピー歴35年=年齢、こんにちはaです。

痒みを根本から解決すべく奮闘中です・・・(かなり道を踏み外すこともありますが・・・(笑))

 

羊羹(ようかん)の威力・・・

少し前の記事でも書かせて頂きましたが、あま~~~いあま~~~い羊羹を三つも食べてしまい、その後…とてつもないかゆみが全身を襲いました。
さらに精神も不安定な状態になっていました・・・
何故羊羹を食べるとこんなにも酷いかゆみとアトピー君がでてくるのでしょうか?

自分なりに、自分の身体の傾向、そしてアトピーによくないものを調べてみました。

 

ずばり前回記事でも軽く触れましたが、大きな原因の1つは【砂糖】でした。

周りの人はあんなに甘いモノ食べても平気なのに・・・

ちょっと腹が立つんですけれども・・・(笑)まだ表面に出ているだけ、まとも、とも言えます。表面に出るから知ることが出来るのでって、表面に出なければ、気づいたら糖尿病になっていた・・・なんてことも多いのです。

 

砂糖がアトピーをそして精神を悪化させる原因とは?

本やネット、先生のお話を聞いた結果、

 

①砂糖を摂取するとすぐに吸収され、血糖値が急激に上がる
(血糖値=血液内の糖分の濃度)

 

②その為、身体はインスリンを大量に出して血糖値を下げようとする。
(インスリン=血糖を減少させるホルモン)
(ホルモン=血液中に分泌され微量で特殊な影響を及ぼす物質で身体の働きを調整し内分泌腺で作られる)

 

③身体がインスリンを大量に出す事によりすぐに血糖値が下がり、今後は逆に低血糖になってしまう。

・この変化を、身体はストレスとして認識。

・その後、身体は抗ストレスホルモンであるコルチゾールを出す。

・コルチゾールは、副腎から分泌されるホルモンの一種。
(ステロイドホルモン、抗ストレスホルモン、副腎皮質ホルモン)

・コルチゾールの過剰な分泌により副腎に負担がかかり、体の免疫力が低下。

・必要時にコルチゾールが正常に分泌できず。

・コルチゾールには、免疫機能調整の他に皮膚の炎症を抑制機能がある為、コルチゾールが不足すると皮膚の炎症が治りにくくなり、アトピー肌が悪化。

・上記の急激な血糖値の低下をシュガークラッシュという。

 
専門用語多すぎて、訳わからん・・・となったのですが苦笑

 

なるべくわかりやすくなるよう色々、調べたり、単語の意味も調べてみたのですが…それでも意味よくわかんないすよね・・・苦笑

 

さらに出来る限り、簡単にまとめると…

砂糖が入っている食べ物を食べると血液の砂糖の量が多くなる。
その為、身体は血液の砂糖の量を少なくする物質を出す。
今度は逆に血液の砂糖の量が少なくなってしまう。
この変化を、身体はストレスとして認識。
その後、身体はバランスを保とうとする。
しかし副腎に負担がかかり、体の免疫力が低下。
必要時に身体のバランスを正常に保つ事ができず。
皮膚の炎症を抑制する機能が支障をきたし肌の炎症が治りにくくなり、アトピー肌が悪化。

 

それがアトピー君。

要するに、砂糖含まれている食べ物食べると、体内の循環している水(血液)が悪くなり、身体の機能がどんどん衰えて、悪くなり、身体に異常をきたす、ということですね。

 

ほかには、腸内の悪玉菌が多くなる。

砂糖は腸内にいる悪玉菌のエサになる、悪玉菌が増えれば自律神経のバランスが悪くなってしまう。そうすると、腸の動きや消化力も低下し、体内に有害なものやアレルゲンが入ってきた時にうまく消化できず、それがアトピーの原因に。

 

砂糖の消化にビタミンやミネラルを使ってしまう。

ビタミン不足はかなり肌に良くありません。アトピー患者には特にビタミンは大切。
砂糖を消化する際にその肌に大切なビタミンを使ってしまい、ビタミン欠乏が起きてしまうのです。
さまざまな悪影響が、老化の促進、疲労感、不安、不眠、頭痛、集中力の低下、うつ病、神経過敏、身体の冷え、などなど、全身にさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっています。

 

まとめると

・砂糖を体内に入れると悪玉菌が増え、消化力が低下し、体内に有害なものが入ってきてうまく消化出来ず、それがアトピーの原因となります。

・砂糖の消化に肌の状態を維持するために大事なビタミンやミネラルを使ってしまう。全身にさまざまな悪影響を及ぼす。
身体のパフォーマンスも著しく落とし、寿命を大幅に縮め、病気にもなる。

 

砂糖て…アトピーの要因どころか、猛毒並みの身体への悪影響があり、さらに薬物並みの依存度もあるじゃないですか・・・僕・・・砂糖や甘いモノ・・・パンケーキ・・・スイーツ・・・大好きなんですけどね・・・苦笑

これだけ、社会に砂糖を使っている食品が出回っている今現在…砂糖についてはアトピー君だけではなく、全人類で真剣に考えたほうがいい問題です。

 

が・・・

 

どうしても食べたいとき!!

人間ですから、どうしても甘いものを食べたい時ってあると思います。

こういう時、ダイエットではよく言われますが、野菜を食べてから、ご飯は最後に・・・だなんてよく言われますよね??

これもまたご飯をいきなり食べると、血糖値が一気に上がるからなんです。

だから、どうしても食べたい時なんかは、紅茶や、事前に糖度の高すぎないものを摂取しておいてから、食べると、血糖値の上昇という面においては幾分かマシになります^^

是非、参考にしてみて下さい(^-^)