こんにちは、佐藤小雪です。

瞑想を始めてみたは良いけど、どうしても心がゆったりと出来ないという方も多くいらっしゃると思います。その原因として呼吸の浅さと関係している事も多いのですが、ただ単に、心が緊張しているという事も考えられると思いますので、今回はそんなあなたの為の、瞑想初心さんがリラックスして瞑想と向き合えるような、そんな音楽を紹介させて頂きたいと思います^^

 

 

 

私はその日の気分によって、音楽をかけたりかけなかったりという感じなのですが、瞑想を始めた当初は毎回音楽をかけて瞑想をしておりました。と言いますのも、毎回お話させて頂いておりますように、私は瞑想を始めた当初は呼吸が浅くて上手に瞑想できなかったのですけど、音楽をかけて瞑想をしてみると心も呼吸も楽になり、飽きずに続けることができましたし、今でも呼吸に集中し辛い時なんかは、音楽をかけながら呼吸を楽しんでおります。

 

呼吸を整えるためにも、音楽を流しながらチャレンジしてみると、いつもとは別の感覚を味わえるかもしれませんよ^^

 

スポンサードリンク



 

◯音楽に呼吸を合わせるとこで呼吸が落ち着く

 

 

目を瞑って呼吸に意識を向けている時にゆったりとした音楽が流れていると、呼吸は自然と音楽の流れにリズムを合わせようとしてくれますので、音楽を流しながら瞑想をすることで呼吸のバランスが整い、いつの間にか心地よくなってきたりします。(オススメの音楽はこちらの記事の最後にお伝えさせて頂きます)なので、呼吸が上手に出来ない方や、呼吸のバランスが上手に取れない方は、ゆったりとした音楽をかけながらの瞑想をオススメですよ^^

 

 

◯音楽と脳とリラックス効果

 

 

実際に瞑想中に音楽を流しながら呼吸に意識を向けていると、自然と涙が流れてくる方も多いと思います。涙が流れる原因の1つに、脳がα波(アルファー波)になっているという事が挙げられますが、α波というのは分かりやすく言うと、脳がリラックス状態に入ってますよ、と言うことなのです。そうなると心がとても穏やかになったり、スッキリしたり、とにかく癒し効果を感じられるようになるので、涙が自然と流れてくることもあるのです^^ 私も最初の頃はよく涙を流しておりました^^(瞑想と涙の関係性については、まだ別の機会にお話しさせて下さい)

 

そして、涙を流すということは心の浄化にも良いとされておりますので、もしも涙が自然と溢れてきたとしてもそのまま瞑想を続けて、あなた自身で、ご自分を癒してあげて下さいね^^(涙が流れてこなくても、十分に癒し効果はあります。)

 

◯オススメ瞑想音楽

 

瞑想をする時の音楽の選び方についてですが、あなたが心地よく感じる、ゆったりとした音楽を選んみてください。最近はYouTubeを開けば沢山の音楽が聴けますので、あなたの心地よさに視点を当てて色々聴き比べてみると良いと思います。ただ、人の声が入っていないBGMタイプの音楽を選んで下さいね^^ それから激しい音楽も避けたほうが良いです。あくまで、ゆったりと心が落ち着くような、そんな音楽を選んでみて下さいませ。

 

参考までに、私が瞑想中によく流す音楽を4つご紹介させて頂きます^^

 

 

こちらの音楽は、私が一番活用しているBGMです。私は普段、一時間を目安に瞑想をしているのですけど、この曲はちょうど一時間ぐらいの音楽なので私にとってはちょうど良いのです^^ そして何より、とても心地よくて、心が癒されるのが一番の理由でして、瞑想を始めたばかりの頃は、いつも自然と涙が出ておりました。

 

ただ呼吸に意識を向けてこの音楽を流しているだけなのに、心がとてもスッキリとして、第3チャクラ(鳩尾当たり)にスペースが出来る感覚になり、とても満たされた感覚になります。(個人的な感想です)

 

 

 

こちらもとても癒し系で、心が洗われる感覚です。私が紹介させて頂いている音楽は瞑想だけではなくて、ただ呼吸に意識を向けながら音楽を聴くだけでも、心が満たされて穏やかになり、癒し効果が得られると思います。なので、瞑想となると少し躊躇してしまう方は、どんな姿勢でも良いので、音楽を流しながら、ただ呼吸に意識を合わせてみて頂くだけでも、きっと心地よさを感じられるはずですので、ぜひ試してみて下さいね^^

(因みにこちらも一時間ぐらいの音楽ですので、短い時間で瞑想を楽しんでいる方は、好きなところを抜擢して流してみて下さいね^^)

 

 

 

こちらは少し長い音楽でして、二時間弱ぐらいの長さになっております。最初に紹介せて頂いた音楽のロングバージョンのような感じですが、こちらもとても心地よくて、とても穏やかな気分になり、音楽に呼吸を合わせているだけてとても満たされた気持ちになりますので、オススメす^^

 

 

こちらはですね、個人的には目で楽しんでおります(笑)
とっても個人的な感覚なのですが、「何ひとつ枠なのい自由な心って、こんな感じなのかな」という気持ちになり、見ているといつの間にか時間が経っておりまして、なぜだかとっても癒されます。(PCで見るのがオススメです)

 

 

◯瞑想と音楽のまとめ

 

呼吸に意識を向けるだけでも癒し効果があるのに、更にゆったりとした音楽を流すことで便乗効果が得られますし、試してみて頂けると実感して頂けると思いますが、本当に心が癒されたり、満たされたり、人により様々な感覚を得られます。その要因の1つに、脳がα波(アルファー波)になるということがいえるのですが、脳がリラックスをしてくれれば、自然と心も呼吸もリラックスしてくれますよ、ということです^^

 

なので、瞑想とまではいかなくても、ただゆったりとした音楽を流して、呼吸を感じるだけでも良いので、ぜひぜひ試してみてくださいね^^

 

そして、α波(アルファー波)の先にあるのが、θ派(シータ派)でして、これは無の状態の時を意味します。私もこの感覚になったことがあるのですが、言葉では言い表せないようなとても素敵な感覚でして。だけど私の言語力ではなんだかその素晴らしさが伝わらない気もしておりましたので、お話しするか迷っておりました。…が、ほんの少しお話しさせて頂きますね。

 

私はスピリチュアルのお話しは好きなのですが、自分で腑に落ちていない言葉は使わないようにしております。例えば「エネルギー」という言葉は、瞑想をすることである程度チャクラ辺りにエネルギーを感じられるようになってきましたので、チャクラについてはこちらでも少しお話しさせて頂いておりますが、基本的には腑に落ちていない言葉は自分の言葉として使ったり発信したりはしません。(特にスピリチュアルに関しては、無意識の洗脳や依存などが大きく関係することを実感しているからです)

 

だけど、私自身も普段は全く腑に落ちていないのに、瞑想状態(無の状態)になった時にだけある感覚を味わうことがありまして、そのお話しをさせて頂きたいのですが。

 

それは、「そっか。私は宇宙の一部なんだね」という感覚です。これは本当に不思議で、私は「すべては宇宙の一部」とかそう言った表現をあまり信じていなくて、むしろそう言った言葉を使っている方で、本当に実感としてその言葉を感じている方ってごくごくわずかなんじゃないかな?って思っているのですが、私自身も瞑想中はその感覚が腑に落ちていて、満たされている自分がおりまして…
最初は自分でも少しビックリしましたし、言葉にするのも初めてなのですけど(苦笑)、瞑想状態の時はその言葉の意味を理解している自分がいるのです。

 

その感覚になる時は決まって、自分の体が膨張していて、体の感覚がなくなり、空気と一体化している感覚になります。私にとっての「無心の状態」がこの感覚なのです。瞑想状態に入ると、とっても心がクリアになり、無の状態が全てで、そこに幸せがあるんだな〜という感覚にもなれます^^

 

無心の状態も人により様々ですので、そう言ったお話しもいつか出来たら良いなと思っております^^

 

ただ、「不思議な感覚を感じたい」という目的で瞑想を始めると、本来見るべきことや、あなたに必要なことが見えなくなってしまう可能性もあります。基盤が整っていない状態でスピリチュラルに意識を向けすぎてしまうと、自分を見失ってしまうことが多いからです。瞑想って、スピリチュアル的な要素も大きいと思いますが、大切なのは長い時間をかけて自分と向きあう事だと思いますし、それを超えた先にあるのがスピリチュアルだと私は思っております。もしくは、それを超えてから意識すると良いのがスピリチュアル、だと思います。(あくまで主観ですが)

 

ですので、瞑想初心者さんは特に、偏った事は考えずに呼吸に意識を向けて、ご自身と向き合って頂けたらなと思います^^

 

とはいえ、スピリチュアルに意識を向ける前に基盤を整えたい方にも瞑想はとってもオススメです。
そのお話しもまた今度させて下さいませ^^

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました^^♡

この記事の執筆者

佐藤小雪

佐藤小雪
10歳でダイエットを始め、気がつくとダイエットに依存し、20代半ばで摂食障害を発症、29歳で完治。摂食障害克服後、「私は生き辛かったんだ」と本当の意味で気づき、受け入れ、向き合う。
現在は瞑想をライフワークとし、こころについて学び続けております。
摂食障害、親子関係など、様々な経験から”こころ”についてお話しさせて頂きたいと思っております。
あなたの”こころ”に小さな光を灯す事が出来ましたらとても嬉しいです。